夢溢れるアレルギー対応料理で

毎日訪れる食物アレルギーの子どもたちを楽しませ

ほかにはない感動を与え続けるお店『il sole』

使用できる食品が制限される中

誰が食べても美味しい本格的なイタリアンを提供しています。

そんな シェフ 辻正博は、まるで魔法使いのよう。

日本全国から食物アレルギーの子どもが訪れる

アレルギー対応の名店です。

 

さて、第四弾レシピの公開です♪

 

今回は「マヨネーズ風」です。

もちろん、卵は使用していませんよ!

サラダにちょこっとつけても美味しいです!

 

カボネーズ ~かぼちゃのマヨ風ツナディップ~

*材料*

かぼちゃ 100g

玉ねぎ  100g

オリーブオイル  40cc

ローズマリー 1枝(葉で6本)

にんにく 2g

塩・砂糖 各3g

米酢 25cc

炊いた白米 20g

水 50cc

ツナ缶 1缶(125g)

 

*作り方*

① かぼちゃの皮をむき、5㎜幅くらいにスライスし、玉ねぎもスライスする

かぼちゃ100g、たまねぎ100gはこれくらい。これをスライススライス♪

DSC05103

 

② フライパンにオリーブオイル・にんにく・ローズマリーを入れ、弱火で香りを出す

にんにくとローズマリーの葉を6本投入!

DSC05104

③ ②に玉ねぎを加え、甘味が出るよう弱火でじっくり炒める。玉ねぎが飴色になったら、かぼちゃを加え更に炒める。

たまねぎを加えます♪

 

DSC05105

 

弱火でじっくり炒めると・・・。だんだん、飴色になります。

DSC05107

そして、かぼちゃを投入!

DSC05109

 

④ 塩・砂糖を加え、かぼちゃが煮崩れた状態になるまで炒める。

塩(3g)と砂糖(3g)を投入してさらに炒めます。

DSC05111

DSC05110

炒めると・・・、だんだん崩れてきます。

DSC05112

 

⑤ 炊いた白米・酢・水を入れ、煮詰める。※この時、焦がさないよう注意する!

白米?シェフ、白米?シェフを信じて入れます。

DSC05113

DSC05115

⑥ かぼちゃが煮崩れて軽くペースト状になったら、ミキサーでなめらかにする。

かぼちゃが煮崩れました!

DSC05117

 

シェフ、ペースト状になりました!

DSC05118

 

ミキサーへ、GO!

DSC05119

 

⑦ 粗熱をとってからタッパー等に移し、冷蔵庫で冷やす。

⑧ 冷えたものに水気を軽く絞ったツナを加え混れば完成!!

ツナを加えて混ぜまーす!

DSC05120

⑨ オリーブオイルで濃度を調節するのもOK!

完成!!!!サラダにちょこちょこっと付けてみました!

DSC05122

 

追記:ツナと一緒に豆乳クリームを少量加えるとよりコクが出ます。

ツナ缶は、植物油(大豆油)等を使っている場合があるので気をつけてください。

米アレルギーの場合は、炊いた白米→αカット米 同量or ゼラチン5g・米酢→菜種油に変更

 

白米加えると、とろみが出るんですね。

かぼちゃの甘みと、たまねぎの甘みににんにくとローズマリーがアクセントでとっても美味しいです!

そして、これ、そのまま食べても美味しい♪(パンにはさんで食べても美味しかった!)

是非、お試しあれ!