先日、たくさんの方にご協力いただきました、

東京海洋大学 小林先生の

『お魚アレルギーアンケート』

(ご協力お願いのブログはこちら

 

小林先生から、皆さまへの感謝の言葉と共に、

中間報告が届きましたのでご報告です。

 

食物アレルギーでもニッチなお魚アレルギー。

辿り着くのに大変だなあ・・・、と思っていましたが、

皆さまのご協力により、目標の半数まで辿り着きました!

しかし、まだあと半分!(現在、49件)

 

アンケート継続しております。

アンケートはこちら

 

アレパパからのお願いはこちら

 

この情報発信にご協力いただいた皆さまにも、

この中間報告をお知らせしたいので、

また、シェアにご協力いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします!!

そして、もっとお魚アレルギーの方々に届くよう、

ご協力お願いいたします!

(既に回答頂いた方は不要ですよ。)

 

さて、中間報告です♪

 

1.魚アレルギーをお持ちの方はどなたですか?

スライド1

 

2.魚アレルギーの方の年齢はいくつですか?

スライド2

 

3.アレルギーをお持ちの方の性別は?

スライド3

 

4.医師の診断はありますか?

スライド4

 

5.アレルギーは魚を食べるといつも出ますか?

スライド5

 

6.主な症状は何ですか?(複数回答可)

スライド6

 

7.どの魚にアレルギーがありますか?(複数回答可)

スライド7

 

8.調理することにより魚を食べることができますか?

スライド8

 

9.練り製品(かまぼこ、ちくわ、はんぺん、さつまあげ、つみれなど)は食べることができますか?

スライド9

 

10.加工食品は原材料欄にサバとサケを表示することが奨励されています。サバとサケに限らず、すべての魚を表示するべきだと思いますか?

スライド10

 

アレルギー表示として記載されるのは「サケ」と「サバ」のみ。

でも、この結果では、約90%の人たちが「サケとサバ以外」で発症してるんですね。

そして、約半数の方が練り製品は食べられると・・・。興味深い・・・。

 

このアンケート、目標とするあと50件集めて、

今度は血液検査の結果と合わせていくそうです。

ぜひ、このアンケートがあることを、

あなたのお近くにいるかもしれない、

お魚アレルギーの方へ届けてください~♪

小林先生ありがとうございました!

(小林先生のWEBサイト・アンケートはこちら