20年以上アレルギー・アトピーに悩む方に寄り添う

『認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク』が

“市民がつくるアレルギー対応のための参考資料”

の作成に取り組んでいます。

ぜひ、ご意見をください。

 

この取り組みは、タイトルから分かる通り、

給食のアレルギー対応に “ 市民の声 ” を届けることを目指しています。

DSC_0465

 

この、NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークが作ったたたき台に、

当事者からの意見を加え、みんなで作り上げていくものです。

 

2012年12月に起きた学校給食の誤食事故以来、

学校におけるガイドラインの周知と生活管理指導表の対策が示されました。

今も進められているものですが、

検討当初より、アレパパでは、

最も大事な “ 市民、当事者の声が届いていないのではないか?”

という想いがありました。

 

この取り組みは、まさに同じ想いで始まった取り組み。

そして、20年以上の実績ある団体から生まれたものでもあります。

 

今回、「NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク」

に周知の協力をさせていただきたいとお話させて頂き、了解をいただきました。

 

今の“まったなし”の状況に対して、

当事者の声を届け、当事者に寄り添った対応をみんなで作り上げること。

 

そして、もう一つ。

 

制度や仕組みが運営されて、形になってきたころに起きる、

『実態とのかい離』を修正していくこと。

 

食品表示法が運用されて10年と少し。

10年前に比べ、食物アレルギー当事者の生活において、

安全性と利便性はかなり改善されました。

しかし、一方で当時とは異なる、複雑な課題が存在しています。

 

食品表示法については、今、消費者庁がパブリックコメントを募集していますが、

実態に沿った、当事者に寄り添ったものになるかは、また別なこと。

(当事者の声が反映されることを願っています)

 

(消費者庁のパブリックコメント募集サイト)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=235080024&Mode=0

 

今、そして将来にわたって当事者の声を反映させていくためには、

“ 市民がつくる ” がますます重要になっていきます。

 

この取り組みを、1人でも多くの方に知ってもらいたいので、

アレパパからもこの取り組みについてお伝えさせていただきます。

(シェアしていただければ幸いです)

 

内容は9つの項目で整理されています。

1.食物アレルギーのことを知る

2.法律と行政の動き

3.アレルゲンコントロール(給食室、調理時の注意点)

4.保護者と学校の対話

5.学校給食ヒヤリハット(発症時例)

6.学校給食ヒヤリハット(ヒヤリとした事例)

7.2012年の給食誤食事故の後におこったこと

8.以前からあった問題

9.食物アレルギー用語解説

 

基礎的知識から具体的な対応方法まで。

アレルギーに関する具体的情報共有のフォーマットや、ヒヤリハット事例。

そして、現場の問題点などが網羅されています。

 

28ページに渡り、分かりやすい言葉で構成されており、

既に完成しているように見えるかもしれませんが、これはたたき台。

 

今、そして将来にわたって、

当事者(アレルギーの子どもを持つ方、給食現場の方)

の意見を反映させ、みんなで作り上げていくものです。

 

学校給食編とタイトルにはありますが、幅広い方からの意見を求めています。

今現在、小学校以外の給食(保育園、幼稚園、中学校など)で生活している方からの意見でも結構です。

ぜひ、ご一読していただき、意見をお願いします。

 

以下、お問い合わせ先です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

認定NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク

TEL:03-5948-7891

FAX:03-5291-1392

http://www.atopicco.org/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトピッ子地球の子ネットワークWEBサイトには、

この“市民がつくるアレルギー対応のための参考資料(学校給食編)”のことが

現在掲載されていませんが、意見を集めて修正した後にWEBサイトに掲載される予定です。

 

※NPO法人アレルギーっこパパの会(アレパパ)から

アトピッ子地球の子ネットワークへお伝えすることも可能です。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

詳しくは、アトピッ子地球の子ネットワークよりご連絡がいくようお伝えします。

詳しくお聞きしたい方はアトピッ子地球の子ネットワークへ直接ご連絡してください。

 

<アレパパからのお願い>

この資料は周知と同様に、 “ 市民の声 ”を集め反映させることが重要な目的です。

自分の意見を社会に届ける前提で、お読みいただき、

そして、意見のフィードバックを必ずお願いいたします。

 

<ご意見をいただいた方の名前掲載について>

ご意見をくださった方に関しては、本人の希望により

“市民がつくるアレルギー対応のための参考資料(学校給食編)”に

名前の掲載が可能とのことです(団体、個人問わず)

 

これをお読みになった方で、

身近に食物アレルギーのお子さんをお持ちの方がいらっしゃいましたら、

ぜひご紹介ください。

アレパパが行っていることではありませんが、

たくさんの意見を集め、反映させ、普及させていきたいと願っています。

よろしくお願いいたします。

(FBを利用している方は、下の いいね!をクリックしていただくだけでもシェア可能です)

(できればコメント付きでシェアしていただけると幸いです)