『当事者と非当事者による支援の輪をつくるために』

いたばしアレルギー支援プロジェクト

『いたばしアレルギーの会』さんからご紹介です。

 

第二回学習会

『アレルギー当事者の子供時代』という、

とっても大事な学習会を開催します。

 

第一回学習会に参加しましたが、

話しやすい雰囲気の中で、

じっくり考える学習会。

当事者と非当事者が

互いに気持ちや情報を

シェアしあうことができます。

 

今回の『アレルギー当事者の子供時代』

幼いころからアレルギーを持つ大学生が、

自らの体験を語ってくれるそうです。

 

アレパパの活動初期のころ、 

「アレルギーの子どもたちはどう思っているのだろう?」と思い、

何人かの方(今は大人の方)に話しを聞きに行脚したことがあります。

 

そして、今でも心に残っています。

 

最優先で寄り添わなければならないのは、子どもたち。

それを確認できる貴重な機会です。

ぜひご参加ください!

 

■日時:7月6日(日) 13:30-15:00

■会場:いたばし総合ボランティアセンター

(板橋区本町24-1)

※お申込みはこちらita-vc@violin.ocn.ne.jp

■参加費:無料 

■保育(5日前までの申し込み)

■最寄駅:都営三田線「板橋本町」駅A1 徒歩7分

(バスの場合は国際航業バス「大和町」「上宿」下車 徒歩7分板橋)

詳しくはこちらへ

 

アレルギーの会さんより、学習会への想い

私たちは、学校での事故防止・危機管理についての取り組みが整った今だからこそ、関係機関、および当事者を講師として招き、「要望」の場としてではなく、食物アレルギーの正しい知識と、最前線の診療、及び板橋区の現状を「学ぶ」学習会を開催したいと思います。

患者家族・専門医・教育関係者・近所の人たち…子どもに係わる方々と共に、子どもたちをとりまく環境を学ぶ学習会を開き、当事者への理解はもちろん、当事者が学校とともに子どもたちの毎日を積極的に支えるきっかけを作り、子どものすこやかな成長を見守っていきたいと考えます

いたばしアレルギーの会では、アレルギーを持つ人も持たない人も、みんなが笑顔で繋がれる社会を目指しています。

当事者はもちろん、アレルギーを知りたい人、もぜひご参加ください。

当事者だけは見つけられない新しい考え方に気づかせてもらったり、「そんな簡単なことでアレルギーのある人を支えられるんだ!」と理解の輪が広がったり…。

いたばしアレルギーの会では、当事者の自助はもちろん、理解者を広げるという共助活動に今後も力を注いでいきたいと考えております。

どうぞご支援よろしくお願いいたします。

詳しくはこちらへ