title_s

 

外食産業も含めたフード業界全体のアレルギー勉強会が開催されます!! 

フード業界の中でも唯一法制度がなく、

各企業による自主的な取り組みによって支えられてきた

外食のアレルギー対応ですが、

この度、今年8月末を期限とする

アレルギー表示25品目から27品目への移行に合わせ

アレルギー対応についての勉強会が開催されます。

 

今回、商品規格書データベース化サービスを展開されている

“インフォマート”さんが主体となり、

過去最大規模で開催されますよ~!!

 

ビックサイトと大阪国際会議場という、驚きの勉強会です。

 

「外食」「ホテル」「給食」「メーカー」「卸」

外食産業の入口から出口まで、一連の流れに関わる、

すべての企業を対象としています。

 

 title_s

~命に関わる情報~ アレルギー情報管理勉強会

(リンクは↑から)

  

食物アレルギーは、非当事者には想像できないことがかなり多く、

少し前まではメディアに取り上げられることが少なかったのですが、

最近はメディアによる膨大な情報発信がされるようになりました。

 

しかし、それが“アレルギー”という言葉を、一人歩きさせています。

 

今回の開催は、その状況に危機感を抱いたことから始まります。

 

アレルギーと言っても、中身は千差万別。

一人一人違い、食品にも個性がある。

それゆえ、理解に苦しむことが多く、

そして・・・、なんとなく対応してしまう。

 

 

アレルギーが命に関わことは知っている・・・。

しかし、実感なく対応しているケースが多いようです。

 

今回は、この“実感する”ことと同時に、

今後の外食のアレルギー対応で重要になることがテーマです。

 

お医者さんが

「アレルギーとは!IGEが~、免疫が~」

という、セミナーはありますが、

今回はそのような内容と違い、

食を提供する現場の方々に寄り添った内容となります。

(なので、アレルギーのことを深く知りたい!という方向けではありません)

 

 

慶応大学でアレルギー情報を長年研究されてきた田中あやかさんが、

客観的なアレルギーの方々の状況と、

企業がすぐにできるアレルギー対応のことをお話されます。

 

また、当事者と外食産業の中間支援をする立場として、ボクが、

「外食産業の方々と一緒に安全を作り上げていくためにどうしたらいいか?」

という内容でお話させて頂きます。

 

ほか、実際に取り組んでいる

㈱ダイナック様、ロイヤル㈱様が事例を交えて講演されます。

 

 

昨日、リリースされたこの勉強会ですが、

すでにかなりの申し込みが入っているようです。

 

昨日、主催者から

「定員いっぱいになりそうです」

と連絡が来ておりますので、

ご興味ある方はお早めにお申込みください~。

 

しかも

参加費無料で来場者特典もあるという・・・

インフォマートさん太っ腹だ・・・。

 

~開催概要~

<大阪>

日時:7月8日

場所:大阪国際会議場(グランキューブ)3F イベントホールA

定員:200名

 

<東京>

日時:7月15日

場所:東京ビックサイト(国際展示場)会議棟6F

定員:350名

(東京会場が定員オーバーした場合は8月下旬に追加開催も予定されています)

 

お申込みはこちらから

(インフォマートさんのHPへリンクしています)

(勉強会のお問い合わせはインフォマート様へお願いします)